カント

講談社学術文庫
カント
  • 電子あり
カント
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

すべての哲学はカントに流れ入り、カントから再び流れ出す。人間理性の限界を精査し、またその全射程を見定めようとしたカント。認識の構造を解明した『純粋理性批判』、道徳の世界を確立した『実践理性批判』、批判哲学完成の書『判断力批判』から、最晩年の問題作『オプス・ポストムム』まで。哲学史2千年を根源から改革した独創的作品群を、その生涯とともに見渡す待望の書。

目次

  • 1 カント思想の境位
  • (1) 近代日本の父子の屈折を通して見たカント
  • (2) 学問と人間の間
  • (3) 人間主体の自覚と相対化の間
  • 2 カントの生涯と思想形成
  • (1) 少年カントとその時代
  • (2) 大学時代・家庭教師時代
  • (3) 「天界の一般自然史と理論」とその周辺
  • (4) 人間の発見――ヒューム、ルソーとの出会い
  • (5) 理性批判の哲学への道
  • (6) 批判哲学期から晩年まで
  • 3 カントの著作
  • 著作概観
  • (1) 『自然地理学』
  • (2) 『人間学』
  • (3) 『純粋理性批判』『プロレゴーメナ』
  • (4) 『自然科学の形而上学的原理』
  • (5) 『人倫の形而上学の基礎』『実践理性批判』
  • (6) 『人倫の形而上学』
  • (7) 『判断力批判』
  • (8) 『もっぱら理性の境界内での宗教』
  • (9) 『オプス・ポストムム』
  • 4 カントの思想と現代
  • (1) 主体主義のゆく末
  • (2) 言語のあり方をめぐる諸問題

製品情報

製品名 カント
著者名 著:坂部 恵
発売日 2001年10月10日
価格 定価 : 本体1,250円(税別)
ISBN 978-4-06-159515-6
通巻番号 1515
判型 A6
ページ数 488ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 底本:「人類の知的遺産」(講談社刊)シリーズ43の『カント』を底本とした。

オンライン書店で見る