内省と遡行

講談社学術文庫
ナイセイトソコウ
内省と遡行
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

外部に出ること、これが著者がめざした理論的仕事の課題である。ただし著者は、外部を実態的に在るものとして前提してしまうことと、詩的に語ることを自ら禁じた。むしろ、不徹底かつ曖昧な言説に止めをさすために、内部に自らを閉じこめ、徹底化することで自壊させる方法を採った。内省から始めた哲学理論の批判は、ここにぎりぎりの形で提示された。「内省と遡行」から「言語・数・貨幣」へ、さらに「探究」への転回を試みた画期的評論集。

目次

  • 1 内省と遡行
  •   序説
  •   1.主知性のパラドックス
  •   2.下向と上向
  •   3.知の遠近法
  •   4.時と場所
  •   5.作品とテクスト
  • 2 言語・数・貨幣
  •   序説 基礎論
  •   1.形式化と現象学的還元
  •   2.代数的構造――ゼロと超越
  •   3.順序構造――分裂生成

製品情報

製品名 内省と遡行
著者名 著:柄谷 行人
発売日 1988年04月04日
価格 定価 : 本体960円(税別)
ISBN 978-4-06-158826-4
通巻番号 826
判型 A6
ページ数 336ページ
シリーズ 講談社学術文庫