今度こそわかるくりこみ理論

コンドコソワカルクリコミリロン
  • 電子あり
今度こそわかるくりこみ理論
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

重要だが、いざ勉強すると難解だ――。多くの人の「学ぼうとしても、たどり着く前に挫折する」という経験を熟知した著者が、物理的イメージを重視して読者を導く。現代の素粒子論や物性論の“急所”であるくりこみ理論の勘どころが、この一冊で基礎から理解できる。


物性物理から素粒子物理まで、幅広い物理現象の本質をとらえる「くりこみ理論」を丁寧に解説。多くの人の「学ぼうとしても、たどり着く前に挫折する」という経験を熟知した著者が、物理的直観を重視して読者を導く一冊。

目次

  • 第1章 くりこみの歴史
  • 第2章 簡単な模型
  • 第3章 3次元Ising模型
  • 第4章 連続極限
  • 第5章 D次元スカラー理論
  • 第6章 普遍性
  • 第7章 Wilsonのくりこみ群
  • 第8章 3次元スカラー理論のGauss不動点
  • 第9章 4次元スカラー理論のくりこみ群による理解
  • 第10章 O(N)非線形σ模型
  • 付録A ラージN極限
  • 付録B QEDのくりこみ

製品情報

製品名 今度こそわかるくりこみ理論
著者名 著:園田 英徳
発売日 2014年02月18日
価格 定価 : 本体2,800円(税別)
ISBN 978-4-06-156603-3
判型 A5
ページ数 208ページ
シリーズ 今度こそわかるシリーズ

オンライン書店で見る