なっとくする量子力学の疑問55

ナットクスルリョウシリキガクノギモンゴジュウゴ
  • 電子あり
なっとくする量子力学の疑問55
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

常識を超えた量子の世界に起こる疑問に深い考察を加え、疑問を通して量子力学の体系をつかむ書。アインシュタインさえ惑わせた難問に切り込む知的興奮を味わう。


電子は波なのか、粒子なのか? 多世界は実在するのか? 
さまざまな疑問から量子力学の勘どころを捉える、スリリングな知的冒険!

目次

  • 第1部 古典力学から量子力学へ――量子力学はなぜ生まれたか?何のための学問なのか?
  • 第2部 量子力学の基本的性質――粒子が波であり、空間に広がっているとはどういうことか?
  • 第3部 調和振動子・角運動量・水素原子――調和振動子のエネルギーはなぜ離散化されるのか?
  • 第4部 スピン――スピンとは何か?スピンの存在は、原子にどう影響するのか?
  • 第5部 多粒子の量子力学・電磁波――ボソンとフェルミオンとの違いはどこから生じるのか?
  • 第6部 エンタングルメントと解釈問題――アインシュタインは、量子力学の何を問題にしたのか?
  • 第7部 応用とまとめ――そして、量子力学はわれわれに何を教えてくれるのか?

製品情報

製品名 なっとくする量子力学の疑問55
著者名 著:和田 純夫
発売日 2009年02月14日
価格 定価 : 本体2,700円(税別)
ISBN 978-4-06-154561-8
判型 A5
ページ数 258ページ
シリーズ なっとくシリーズ

関連シリーズ

オンライン書店で見る