「責任」ってなに?

講談社現代新書
セキニンッテナニ
「責任」ってなに?
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

私は悪くない。与えられた「役割」を果たしただけ。歯車だから。ああするしかなかった。「ほんとうの自分」は違うんだ。――これ、どこかおかしくないか?

責任があるとは?
責任がある・責任を担う、ということは、「なぜ、どういう理由(わけ)で、そうするの?」という問の前に立たされることを含意する。しかし、この問は、ガウンをまとった審判者からの詰問ではない。たしかに問われた場面だけを抜き出すと、そうした詰問でしかないように思えることも多々あろう。しかし、その問いかけは、根底的には、共生を模索し、よりよき共生を求めるがゆえの、呼びかけなのである。責任がある、ということは、裁判所から灰色の呼び出し状が来ることでもなく、弁済や配慮の負担を課されることでもなく、なお呼応可能な人-間でありえている、という悦ばしい報せなのである。――<本書より>

目次

  • 第1章 責任という概念
  • 第2章 責任と自由――責任の条件
  • 第3章 責任の主題
  • 第4章 責任の主体――誰が責任を負うのか
  • 第5章 役割と自己――その切断
  • 第6章 じわじわとひろがる解離傾向
  • 第7章 国家という集団――戦争責任
  • 第8章 責任の空洞化
  • 終章 人間として生きるために

製品情報

製品名 「責任」ってなに?
著者名 著:大庭 健
発売日 2005年12月18日
価格 定価 : 本体740円(税別)
ISBN 978-4-06-149821-1
通巻番号 1821
判型 新書
ページ数 264ページ
シリーズ 講談社現代新書