科学する麻雀

講談社現代新書
カガクスルマジャン
  • 電子あり
科学する麻雀
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「数理の力」があなたの麻雀を変える!
裏スジは危険ではない/回し打ちは無意味だ/ベタオリには法則がある/「読み」など必要ない

「麻雀の答え」を明らかにする
従来の戦術書は、「読み」や「総合的な判断」や「ツキの操り方」といった一般化が不可能な、個人レベルでしか身につけることが出来ない“技術”だけで麻雀を論じています。そして、それらこそが高度な技術であると、麻雀を打つ人たちの間では長く信じられてきました。(中略)本書では、こうした曖昧な記述をできるだけ排し、「どんな場合に、何を基準に、どう考えるか」といった「麻雀の答え」を明示していきます。たとえば「リーチすべきか、ダマにすべきか」という判断に対して、きちんと「どういう場合にリーチすべきである」と具体的に示します。それらの「答え」は理論的、数理的、あるいは統計的な根拠にもとづいています。根拠のない不明確な考え方はいっさい出てきません。――<本書より>

●ピンフのみテンパイはリーチすべきか?
●役牌が持ち持ちになっている確率は?
●チートイツは全和了の何%を占めるか?
●他家リーチに安全牌がないときどうする?
すべての「答え」がここにある!

目次

  • 序 章 なぜ彼らは曖昧なのか
  • 第1章 データが麻雀を理性化する
  • 第2章 最強をめざす基礎理論
  • 第3章 最強の麻雀講座
  • 第4章 麻雀の思想的側面について

製品情報

製品名 科学する麻雀
著者名 著:とつげき 東北
発売日 2004年12月18日
価格 定価 : 本体800円(税別)
ISBN 978-4-06-149765-8
通巻番号 1765
判型 新書
ページ数 272ページ
シリーズ 講談社現代新書

オンライン書店で見る