天皇と日本の近代(上) 憲法と現人神

講談社現代新書
テンノウトニホンノキンダイケンポウトアラヒトガミ
天皇と日本の近代(上) 憲法と現人神
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「明治憲法」という思想、近代日本の本質……
いま、「日本」を考えなおす!

明治天皇の「最親最密の顧問」元田永孚とは何者か。伊藤博文、大久保利通らのめざしたものとは?「明治憲法」の本質を解明し、天皇を日本思想としてとらえ直す緻密で壮大な論考。

目次

  • ●第1部 憲法と現人神
  • 第1章 「御真影」としての天皇――外見の変遷
  • 第2章 解釈のメタ・システムとしての天皇――「教学聖旨」と進化論
  • 第3章 「軍人勅諭」の天皇――その悪名の由来をめぐって
  • 第4章 現人神としての天皇――「大日本帝国憲法」「第1条」をめぐって

製品情報

製品名 天皇と日本の近代(上) 憲法と現人神
著者名 著:八木 公生
発売日 2001年01月19日
価格 定価 : 本体700円(税別)
ISBN 978-4-06-149534-0
通巻番号 1534
判型 新書
ページ数 264ページ
シリーズ 講談社現代新書