ローマ人の愛と性

講談社現代新書
ローマジンノアイトセイ
ローマ人の愛と性
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

欲情と頽廃のローマ!世界史を変えた「愛のかたち」

平和と繁栄のきわみにあって肉欲の限りを尽くす頽廃のローマ。享楽の性の中で芽生えていく「夫婦愛」と新たな家族のかたち、内なる自分への眼差し。ヨーロッパ的心性の成立を鮮かに描き出す。

目次

  • ●この世は恥辱と悪徳に満ち満ちている
  • アウグストゥスの娘
  • ●相異なる顔をもつローマ人
  • 2つのローマ
  • ●表象と心象──歴史の逆説
  • 諷刺詩の描くローマ世界
  • ●「結婚」と夫婦愛
  • カエサルは妻に愛をささやいたか
  • ●「自分を見つめる心」と道徳
  • なぜキリスト教は大勢力となったか

製品情報

製品名 ローマ人の愛と性
著者名 著:本村 凌二
発売日 1999年11月19日
価格 定価 : 本体660円(税別)
ISBN 978-4-06-149476-3
通巻番号 1476
判型 新書
ページ数 215ページ
シリーズ 講談社現代新書