赤ん坊から見た世界

講談社現代新書
アカンボウカラミタセカイゲンゴイゼンノコウケイ
赤ん坊から見た世界
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

その目に映るものは何? なぜ知識もなく複雑な文化世界に入れる? 物理を理解し、言語以前の思考ができる、謎と魅力にみちた、人間の「原型」に迫る。

言語以前の思考――満1歳から1歳半にかけて、子どもの思考は大いに発展していく。そのような、まだほとんど言葉が出ていないような子どもが、意味やカテゴリーの体系をもっているといわれると驚くかもしれない。とくに、言葉と思考を同一に見ている立場からすれば、言語以前にカテゴリーのような高度な思考の基本があるなど、奇妙に思われることだろう。しかし、最近の証拠に照らしていえば、むしろ言語と言語による意味は、言語以前の思考を基礎にして成立するのである。最近の多くの研究によれば明らかに、乳児期の後半において子どもたちは、さまざまなカテゴリーを形成しているのである。そのカテゴリーの根本は、しかし、抽象的な思考というよりも、外界の知覚に関連したイメージ的な思考によっている。――本書より

目次

  • ●胎児は聞いている
  • ●人間の顔が現れる
  • ●物の世界が成立する
  • ●赤ん坊は物理を理解する
  • ●基本感情の誕生
  • ●移動すれば世界が変わる
  • ●指さしという不思議な行為
  • ●言語以前の思考
  • ●原始の概念としてのイメージスキーマ
  • ●この世界に夢中

製品情報

製品名 赤ん坊から見た世界
著者名 著:無藤 隆
発売日 1994年05月17日
価格 定価 : 本体700円(税別)
ISBN 978-4-06-149202-8
通巻番号 1202
判型 新書
ページ数 264ページ
シリーズ 講談社現代新書