はじめての中国語

講談社現代新書
ハジメテノチュウゴクゴ
  • 電子あり
はじめての中国語
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

中国語は一番身近な外国語。とはいえ、発音は? 文法は? 独特な発声法「声調」のコツや、「ピンイン」の読み方・書き方……。語順や動詞の活用は? 否定や疑問はどう言うの? 基本文法とひとこと会話をマスターして、5000年の〈ことば〉の世界を知る、中国語への第1歩!

私の中国語修業――その時、まったく予期せぬことが起こりました。今、目で追っている新聞の活字のニュースが、音として聞こえてくるのです。……活字とともに音がビンビンと踊っているようです。生きたことばとはこういうものかと、その時はじめて実感しました。そして、とうとう私は、学校にあるのと同じ機械を自宅に買ってしまいました。当時のお金でも5、6万円はしたでしょうか。これを家にすえつけてからというもの、……さまざまな番組を毎日のように聴きまくりました。……外国語をものにしようと思えば、「お金と時間をかけよ」というのは本当です。貧しい学生がなけなしのお金をはたいて求めた本やチャンスは、何としても無駄にはしたくないものです。お金で購うのは、実はそのような「意欲」と「情熱」なのです。――本書より

目次

  • ●「ピンイン」の制定――どう読みどう書くか
  • ●漢字簡略化のしくみ
  • ●四声の出し方のコツ
  • ●「若妻」が“老婆”で「亭主」は“丈夫!?
  • ●外来語の意訳は「さすが文学の国」
  • ●“水”は熱い!――ことばは網の目
  • ●漢字の偏(へん)や旁(つくり)はどう言うか?
  • ●基本構文はSVO
  • ●助詞がない!動詞の活用がない!!
  • ●修飾語(かざり)は前に補語うしろ
  • ●“的”がいる時いらぬ時
  • ●前置詞は動詞の“なれの果て”
  • ●少しやっかいな「少し」の表現
  • ●“有”と“在”――存在の仕方の違い
  • ●自然現象の表し方

製品情報

製品名 はじめての中国語
著者名 著:相原 茂
発売日 1990年02月16日
価格 定価 : 本体860円(税別)
ISBN 978-4-06-148987-5
通巻番号 987
判型 新書
ページ数 246ページ
シリーズ 講談社現代新書

オンライン書店で見る