クレヨン王国 しっぽ売りの妖精

青い鳥文庫
クレヨンオウコクシッポウリノヨウセイ
クレヨン王国 しっぽ売りの妖精
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

クレヨン王国のシルバー王妃は、散歩のとちゅうできりにつつまれ、悪魔のSLにのせられてしまいました。おとものニワトリのアラエッサと子ブタのストンストンもいっしょ。元気になる“しっぽ”をつけた12の野菜の精たちの話をきいて、王妃たちは、悪魔の正体をつきとめ、やっつけるために、自分たちも妖精にしっぽをつけてもらおうとします……。

ある年のクリスマスのこと。シルバー王妃はサンタクロースから魔法の水さしをプレゼントされました。飲んでも飲んでも水がわきでてくる、この水さしを手に、王妃は12の野菜の精たちと、くるしい12か月の旅をしたのです。そして、旅がおわったとき、水がなければ生きていけない野菜の精たちに、水さしをあげたのでした。水さしは、小さな虹をつくって、どこにあるかを知らせてくれます。でも、ある日、スイレンの池におちた水さしからは、虹があがりませんでした。このことが、王妃をきけんな大事件にまきこむことになろうとは、そのときは、だれも気がつかなかったのです。

製品情報

製品名 クレヨン王国 しっぽ売りの妖精
著者名 著:福永 令三 絵:三木 由記子
発売日 2000年02月15日
価格 定価 : 本体580円(税別)
ISBN 978-4-06-148528-0
判型 新書
ページ数 232ページ
シリーズ 講談社青い鳥文庫