赤と白の賭け

講談社文庫
アカトシロノカケ
著:仁木 悦子 解説:山本 多津 装丁:野田 竜二 その他:亀倉 雄策
  • 電子あり
赤と白の賭け
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ある日、見知らぬ老人から受けた招待、それは思いがけなくも復讐劇の始まりだった……。出世のため、ひたむきに愛してくれた娘を捨て、死に追いやった男への――。死を招く二者択一の恐怖を描く、サスペンスドラマ「赤と白の賭け」。ほかに「ひなの首」「悪漢追跡せよ」など、素人探偵活躍の6編を加えた、本格推理短編集。平々凡々の日常のなかに、ふと忍び寄ってくる7つの事件!

製品情報

製品名 赤と白の賭け
著者名 著:仁木 悦子 解説:山本 多津 装丁:野田 竜二 その他:亀倉 雄策
発売日 1982年04月13日
価格 定価 : 370円(税込)
ISBN 978-4-06-136230-7
判型 A6
ページ数 245ページ
シリーズ 講談社文庫

オンライン書店で見る