としょかんへ いこう

絵本
トショカンヘイコウ
としょかんへ いこう
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

『としょかんへ いこう』は、誰でも本を借りることができる、「図書館」をテーマとした、遊び絵本です。
 「図書館は、どんなところで、何ができるのか」ということをお話仕立てで紹介していきます。本の探し方や借り方から、図書館にあるものの紹介、お話会や講演会についてなど、図書館の利用方法が物語の中に組み込まれているので、ストーリーを追いながら知識が身につきます。もちろん、単なる紹介だけで終わらず、前作同様迷路や探し絵、マナークイズ、間違い探しなど、遊びが満載です。
 作者は、『ルドルフとイッパイアッテナ』などの作品で、人気のある児童文学作家の斉藤洋氏。短くまとめながらもユーモアあふれる文章は、読みやすく、思わずクスリとさせられます。絵を担当する田中六大氏は、かわいい中に独特なおかしさを持つ不思議なタッチの絵本作家。細かく書かれた間違い探しや、探し絵クイズは、見ているだけでも楽しめます。(5さい~・総かな)

製品情報

製品名 としょかんへ いこう
著者名 作:斉藤 洋 絵:田中 六大
発売日 2015年07月09日
価格 定価 : 本体1,400円(税別)
ISBN 978-4-06-133261-4
判型 AB
ページ数 36ページ
シリーズ 講談社の創作絵本

著者紹介

作:斉藤 洋(サイトウ ヒロシ)

昭和27年、東京生まれ。おもな作品に、「ジーク」シリーズ、『学校ななふしぎ』『本所ななふしぎ』『ぞうの金メダル』(偕成社)、「ぶたぬきくん」シリーズ(佼成出版社)、『バースデー・ドッグ』『だれのたまご』(フレーベル館)、「ルドルフ」シリーズ、「ペンギン」シリーズ、「もぐら」シリーズ、「おばけずかん」シリーズ、『ルーディーボール エピソード1』『「おまえだ!」とカピバラはいった』『女王の七つの鏡』(講談社)などがある。

絵:田中 六大(タナカ ロクダイ)

昭和55年、東京生まれ。挿画に『ひらけ!なんきんまめ』(作:竹下文子/小峰書店)、「ともだち」シリーズ(作:村上しいこ/WAVE出版)、「日曜日」シリーズ(作:村上しいこ/講談社)、絵本に『だいくのたこ8さん』(文:内田麟太郎/くもん出版)、『でんせつの いきものを さがせ! ネッシー・ツチノコ・カッパはどこだ?』『いちねんせいの1年間 1ねんせいに なったから!』(作・くすのきしげのり/いずれも講談社)、漫画に『クッキー缶の街めぐり』(青林工藝舎)などがある。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス