ゲーテル・不完全性定理 “理性の限界”の発見

ブルーバックス
ゲーデル・フカンゼンセイテイリリセイノゲンカイノハッケン
ゲーテル・不完全性定理 “理性の限界”の発見
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ゲーデルの不完全性定理は中学生にもわかる!
「不完全性定理」の名は、数学ファンはいうにおよばず、20世紀の思想に少しでも興味のある方なら、理系、文系を問わず、だれもが1度は耳にしていることと思います。
しかし、「では、その内容は?」となると、大半の人があいまいにしか答えられないのではないでしょうか。「どうせ超難解な理論だろうから、わからなくて当たりまえ」と、はじめからあきらめている人もいるかもしれません。ところが、この定理の証明のアイデア自体は、いたってシンプルで明快なものであり、きちんと説明すれば中学生でも理解できるものなのです。本書では実際に、そのような説明を試みてみました。(本書「はじめに」より)

目次

  • 1 “数学の危機”がゲーデルを求めた
  •   1.無限とは何か?
  •   2.集合とは何か?
  •   3.真理とは何か?
  •   4.数学とは何か?
  • 2 「不完全性定理」とは何か?
  •   1.証明とは何か?
  •   2.理性とは何か?
  •   3.天才とは何か?

製品情報

製品名 ゲーテル・不完全性定理 “理性の限界”の発見
著者名 著:吉永 良正
発売日 1992年12月15日
価格 定価 : 本体1,040円(税別)
ISBN 978-4-06-132947-8
通巻番号 947
判型 新書
ページ数 294ページ
シリーズ ブルーバックス