読む知る話すほんとうにあったお話セット全6巻

読む知る話すほんとうにあったお話セット全6巻
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

国語に必要な「読解力」と「伝える力」を養うと同時に、身の回りのニュースへの関心、社会への理解力、理科的な興味を促す「教科横断型読み物」です。
国内外の歴史的な出来事から身近な話題までを短編でまとめました。先人の偉業や、小さな思いやりの場面、ユーモアの力。事実だけがもつ驚きに感動し、話し伝えることで他者とつながり、未来に生きる力を育みます。ノンフィクションの感動は、誰かに伝える素材として最適です。話すことにより、コミュニケーションやプレゼンテーションに必要な力が、自然と身に付きます。
各巻とも、対象学年に応じた朝読に最適な読みやすいボリュームです。挿絵や写真も豊富で、どのお話からでも読み始められ、繰り返し何度でも読むことができます。バラエティに富んだテーマで、興味のあるお話から読める手に取りやすさがあります。
新学習指導要領にも対応した教科とのリンクは、調べ学習への発展も可能。本編と関連した関連知識のページも「もうひとつのお話」として紹介しています。
巻末には感動を伝えるための「話す術」のステップアップと、保護者と先生に向けた学習との関連解説(教科とのリンク)やブックガイドを挿入しました。

一年生:きゅうしょくのはじまり・つなみにたえた一本松 アイスのコーンができたわけ ほか全8話
二年生:赤鼻のおいしゃさん・サンタクロースはどこにいる? 南極の流しそうめん ほか全10話
三年生:もうどう犬ときせきのだっしゅつ・世界一おそいタイム・地球を歩く ほか全11話
四年生:津波てんでんこ・しっぽをなくしたイルカ・九十五年前のおんがえし ほか全12話
五年生:国境をこえる花火・よみがえった命の海・知ってる?トイレのひみつ ほか全12話
六年生:幸せの国ブータン・甲子園へのパスポート・世界に届け、十二才の声 ほか全12話

目次

  • 一年生:きゅうしょくのはじまり・つなみにたえた一本松 アイスのコーンができたわけ ほか全8話
  • 二年生:赤鼻のおいしゃさん・サンタクロースはどこにいる? 南極の流しそうめん ほか全10話
  • 三年生:もうどう犬ときせきのだっしゅつ・世界一おそいタイム・地球を歩く ほか全11話
  • 四年生:津波てんでんこ・しっぽをなくしたイルカ・九十五年前のおんがえし ほか全12話
  • 五年生:国境をこえる花火・よみがえった命の海・知ってる?トイレのひみつ ほか全12話
  • 六年生:幸せの国ブータン・甲子園へのパスポート・世界に届け、十二才の声 ほか全12話

製品情報

製品名 読む知る話すほんとうにあったお話セット全6巻
著者名 監:笠原 良郎 監:浅川 陽子
発売日 2013年04月01日
価格 定価 : 本体5,280円(税別)
ISBN 978-4-06-939509-3
判型 A5

著者紹介

監:笠原 良郎(カサハラ ヨシロウ)

全国学校図書館協議会顧問、国際子ども図書館を考える会全国連絡会会長。1931年生まれ。早稲田大学法学部卒。中学社会科教諭、高校司書教諭を経て、1982年に全国学校図書館協議会へ。同協議会の事務局長・理事長を歴任し、学校図書館法改正や、国際子ども図書館の開設など、図書館運動に献身。

監:浅川 陽子(アサカワ ヨウコ)

お茶の水女子大学附属小学校主幹教諭。1956年生まれ。お茶の水女子大学大学院人文科学修士。公立・私立の幼稚園や小学校教諭、お茶の水女子大学子ども発達教育センター講師を経て現在に至る。子どもたちがいきいきと毎日を過ごす学校運営を心がけ、自主共同をモットーに楽しみながら学ぶことに尽力した実践記録も多い。