生きる術としての哲学 【小田実全集】

イキルジュツトシテノテツガク
著:小田実
  • 電子のみ
生きる術としての哲学 【小田実全集】
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

修辞学の主題は人間の行為にあるとアリストテレスは言う。明治以来、日本における西洋哲学の受容は主に解釈学であり、修辞学でなかったのはなぜか。古代アテナイの修辞学を深く学んだ著者は、この疑問に答える。9.11以後、米国主導のグローバリゼーションは経済中心から軍事重要視へ変貌。古典の世界と現代の世界を結びつけ、その論理と構造を解明する。慶應義塾大学経済学部で行った「現代思想」最後の講義録。修辞学は、単に言葉や心理の技術でなく行動の中の哲学の技術でもある。

製品情報

製品名 生きる術としての哲学 【小田実全集】
著者名 著:小田実
配信日 2014年01月31日
ISBN 978-4-06-421108-4

著者紹介

オンライン書店で見る