逆転力 ~ピンチを待て~

おとなスタイル
ギャクテンリョクピンチヲマテ
逆転力 ~ピンチを待て~
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

メインテーマ「指原莉乃が語る“逆転”の人生論」

様々な逆境に立たされながら、常に話題の中心にありつづけるアイドル・指原莉乃(HKT48)。
歌もダンスもルックスも、特に秀でていない彼女がなぜアイドルとして成功できたのか。
どんなピンチも力に変えて切り抜けていく、さしこ流“逆転力”の秘密を語る。
現代社会をへこたれず、したたかに生きるためのヒントを与えてくれる1冊です。
AKB48グループのファンはもちろん、サラリーマンやOL等にもビジネス書として
読んでもらえるような示唆に富んだ内容となっています!

目次

  • 第一章 ピンチが背中を押してくれる
  • お調子者と策士/世界は学校だけじゃない/パソコンはリビングで/観客だった頃の自分を忘れない/今いる場所がイヤなら、勇気を持って別の場所へ/”逆転力”でアイドルに
  • 第二章 自分だけの武器を見つける
  • 「正統派」をあきらめる/プロデューサーに学んだ武器の見つけ方/書き言葉という武器/土俵を替える
  • 第三章 振られたキャラは否定せず受け入れる
  • 「へたれ」というチャンス/キャラは作るのではなく、受け入れるもの/やるかやらないかなら、やる/イジられることで、キャラが立つ/「自分」は、他人が見つけてくれる
  • 第四章 人生最大のピンチと”逆転”の思考法
  • AKB48を辞めるつもりでした/突然のHKT48への移籍/心を切り替える/ネガティブを吐き出さない/みんなが受け入れてくれたから/最大のピンチに与えられた最高のチャンス/強くなりました
  • 第五章 ”みんなで勝つ”ための戦術 ―指原流プロデュース術
  • 同じ土俵で戦わない/予定調和を崩す曲選び/「比べられない」企画を立てる/ファン目線で考える/世間も楽しませる/エースを作る、打順を回す
  • 第六章 対人関係に必要なのは”度胸”と”客観視”  ―指原流コミュニケーション術
  • 客観視できないと、痛い人になる/好感度を貯金する/企画書は2度出す/すごく偉い人にはフランクに、ちょっと偉い人には丁寧に/悩み相談を受ける時は、聞くだけ聞いて終わり/余計なことに首を突っ込まない/先輩からの「借り」を後輩へ返す
  • 第七章 ”アンチ”も力に変える ―指原流仕事術
  • 悪口を言われるのも仕事のうち/話題がないことが一番恐い/全員に好かれないのは当たり前/大舞台でも緊張しない秘訣/本気で信じられる人を、信じればいい
  • 第八章 ”切り替え”と”思い込み”で逆転できる ―指原流思考術
  • なんでもポジティブに変換できる/大前提は「人に迷惑をかけない」/自分のためになると思い込む/人がうれしいのが、一番うれしい/戦わなければ、負けない/ライバルはいない/目標は決めない
  • 第九章 逆転力で楽しく生きる
  • 心を切り替え、笑いに変える/逆転力とは、応援される力/楽しく生きる!

製品情報

製品名 逆転力 ~ピンチを待て~
著者名 著:指原莉乃(HKT48)
発売日 2014年08月08日
価格 定価 : 本体741円(税別)
ISBN 978-4-06-389850-7
判型 新書
ページ数 192ページ
シリーズ 講談社 MOOK

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • エルパカBOOKS
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス