天帝のみはるかす桜火

講談社ノベルス
テンテイノミハルカスオウカ
  • 電子あり
天帝のみはるかす桜火
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

古野まほろと峰葉実香が初めてふたりで話したのは、とある夕暮れの教室だった。吹奏楽部員のトランペットが盗まれたと、頼りない同級生に相談する実香。すると彼は、容疑者が誰かをまだ聞かされないうちに、手紙を一通手渡す。犯人がここに書いてある、といいながら。 
天帝世界の住人たちが出会う「天帝ゼロ」と、彼らの今を記す「天帝最新」の物語。

製品情報

製品名 天帝のみはるかす桜火
著者名 著:古野 まほろ
発売日 2017年12月07日
価格 定価 : 本体1,400円(税別)
ISBN 978-4-06-299115-5
判型 新書
ページ数 368ページ
電子版製品名 天帝のみはるかす桜火
シリーズ 講談社ノベルス
初出 「修野子爵令嬢襲撃事件」…「請君為人用心聴(メイフラワーズ・アライアンス)」 メフィスト 2008年5月 小説現代増刊号、「猫と栄子とニンジンと」…「夜猫應覺月光寒(アンスポークン・ドレサージュ)」 メフィスト 2009年1月 小説現代増刊号、「アンコール」…書店配布リーフレット「古野まほろを、はじめよう! エントリーガイドvol.1(2013 October)。以上は、内容及び表現を全面的に見直し、改稿した上、新たな作品としています。「古野まほろ、実香と出会う」「「あとは両替にでも入るしかないか」」「――少年と少女――」は書き下ろし。

著者紹介

著:古野 まほろ(フルノ マホロ)

東京大学法学部卒業。リヨン第三大学法学部第三段階
「Droit et Politique de la Securite」専攻修士課程修了。警察庁I種警察官として、交番、警察署、警察本部、海外、警察庁等で勤務の後、警察大学校主任教授にて退官。2007年、『天帝のはしたなき果実』で第35回メフィスト賞を受賞しデビュー。その後、「天帝」シリーズ(講談社ノベルス、幻冬舎)をはじめ、「臨床真実士ユイカ」シリーズ(講談社タイガ)、「セーラー服と黙示録」シリーズ(角川文庫)など、緻密で大胆なミステリを数多く送り出している。

オンライン書店で見る