人類最強のときめき

講談社ノベルス
ジンルイサイキョウノトキメキ
著:西尾 維新 絵:
  • 電子あり
人類最強のときめき
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

人類最強の請負人・哀川潤。
長瀞とろみの依頼で乗り込んだのは、
生まれたての火山島。
哀川潤が生存競争を挑むのは――植物!?
『戯言』から芽吹き、『人間』以上に伸びやかな、
『最強』のスペクタクル!

製品情報

製品名 人類最強のときめき
著者名 著:西尾 維新 絵:
発売日 2017年04月20日
価格 定価 : 本体820円(税別)
ISBN 978-4-06-299093-6
判型 新書
ページ数 192ページ
電子版製品名 人類最強のときめき
シリーズ 講談社ノベルス
初出 「人類最強のときめき」…「メフィスト」2015 VOL.3、「人類最強のよろめき」…「メフィスト」2016 VOL.1、「哀川潤の失敗 Miss/ion3. 死ぬほど幸せ」…「メフィスト」2010 VOL.3、「哀川潤の失敗 Miss/ion4. デジタル探偵との知恵比べ」…「メフィスト」2011 VOL.1、「哀川潤の失敗 Miss/ion5. 不敗のギャンブラーと失敗の請負人」…「メフィスト」2011 VOL.2

著者紹介

著:西尾 維新(ニシオ イシン)

1981年生まれ。2002年、『クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い』(講談社ノベルス)にて第23回メフィスト賞を受賞し、デビュー。デビュー作に始まる戯言シリーズは、西尾維新を代表するシリーズとなる。その後も精力的に執筆を続け、人間シリーズ、世界シリーズ、〈物語〉シリーズ、『刀語』、伝説シリーズなどその作品の幅は広い。名実ともにゼロ年代を代表する作家であり、その執筆意欲はとどまるところを知らない。近著に『掟上今日子の備忘録』、『悲録伝』など、著書多数。

絵:竹(タケ)

イラストレーター。1983年生まれ。『クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い』でイラストレーターとしてデビュー。その後、「人間シリーズ」、大河ノベル『刀語』など西尾維新氏の小説でイラストを担当し、人気を集める。近著は『竹画廊絵にっき 2013-2014』(星海社)。

オンライン書店で見る