悲衛伝

講談社ノベルス
ヒエイデン
  • 電子あり
悲衛伝
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

遥か宇宙から、人類救済の策を練る、
十四歳の英雄・空々空と九人の仲間たち。
人工衛星《悲衛》で科学と魔法の融合実験を繰り返すある日、
少年の部屋に、自らを「月」だと名乗る女性が現れた。
彼女は、地球対人類の戦争を停戦に持ち込むために、
太陽系の惑星と人類との仲立ちを提案する。
次なる『大いなる悲鳴』が予告されている今、
少年は、武器も策も持たずに、
戦うのではなく殺し合うのでもない、
過酷極まる壮絶な話し合いに挑む。
悲鳴すら聞こえない宇宙空間で、
伝説はいよいよクライマックスへ――!

目次

  • 第1話 「ようこそバニーガール! 人工衛星『悲衛』」
  • 第2話 「初めての交渉劇! 天王星は横たわる」
  • 第3話 「最大、現る! 木星は爽やかな縞模様」
  • 第4話 「水と海の対立! 板挟みのサーフィンを乗りこなせ」
  • 第5話 「幼女、参戦! 火星は死んでも死に切れない」
  • 第6話 「対談、鼎談、四者会談! そして天使が現れる」
  • 第7話 「冥王、降臨! 彼女はまるで殉じない」
  • 第8話 「天使と死神! そして……」
  • 第9話 「八面六臂! 天才少女の面目躍如」
  • 第10話 「輝く女神はヴィーナス! 最後の惑星、現る」
  • 第11話 「語られる真実! はるかかなたの戦争」
  • 第12話 「太陽に相対! ここが世界の中心だ」
  • 第13話 「きらきら光れ! 輝く星は混じり合う」
  • 第14話 「太陽系サミット! そして始まるオミット」

製品情報

製品名 悲衛伝
著者名 著:西尾維新
発売日 2016年12月27日
価格 定価 : 本体1,300円(税別)
ISBN 978-4-06-299089-9
判型 新書
ページ数 480ページ
電子版製品名 悲衛伝
シリーズ 講談社ノベルス

著者紹介

著:西尾維新(ニシオイシン)

1981年生まれ。2002年、『クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い』(講談社ノベルス)にて第23回メフィスト賞を受賞し、デビュー。デビュー作に始まる戯言シリーズは、西尾維新を代表するシリーズとなる。その後も精力的に執筆を続け、人間シリーズ、世界シリーズ、〈物語〉シリーズ、『刀語』、伝説シリーズなどその作品の幅は広い。名実ともにゼロ年代を代表する作家であり、その執筆意欲はとどまるところを知らない。近著に『撫物語』『掟上今日子の家計簿』『押絵と旅する美少年』など、著書多数。

おすすめの本

オンライン書店で見る