教会堂の殺人 ~Game Theory~

講談社ノベルス
キョウカイドウノサツジンゲームセオリー
  • 電子あり
教会堂の殺人 ~Game Theory~
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

メフィスト賞受賞の人気シリーズ、最新刊! テーマは「ゲーム理論」!?

狂気の建築家が建てた、訪れた者を死に誘う館――教会堂。
そこにたどり着いた人々は次々に消息を絶ち、ある者は水死し、
ある者は火に焼かれ、ある者は窒息した状態で、発見される。
警察庁キャリアの宮司司は、失踪した部下の足取りを追い、
教会堂へと足を向けた。待ち受けていたのは、
均衡に支配された迷宮と、『真理』を求める死のゲーム……!
天才数学者が出題した極限の問い(ジレンマ)に、解は存在するのか?

製品情報

製品名 教会堂の殺人 ~Game Theory~
著者名 著:周木 律
発売日 2015年07月07日
価格 定価 : 本体900円(税別)
ISBN 978-4-06-299050-9
判型 新書
ページ数 256ページ
電子版製品名 教会堂の殺人 ~Game Theory~
シリーズ 講談社ノベルス

著者紹介

著:周木 律(シュウキ リツ)

某国立大学工学部建築学部卒業。『眼球堂の殺人 ~The Book~』で第47回メフィスト賞を受賞しデビュー。本作は『双孔堂の殺人 ~Double Torus~』』『五覚堂の殺人 ~Burning Ship~』『伽藍堂の殺人 ~Banach-Tarski Paradox~』に続く、シリーズ5作目となる。

オンライン書店で見る