そして僕らはいなくなる

講談社タイガ
ソシテボクラハイナクナル
  • 電子あり
そして僕らはいなくなる
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

優等生の「着ぐるみ」をかぶって生活する高校生の永岡宗也。
帰宅の遅い幼なじみを捜しに出かけ事故に遭った宗也は、断片的な幻覚に襲われるようになる。少女の遺体を解体するーーまるで殺人犯の目を借りたような光景。これは現実に起こったバラバラ殺人なのか? クラスで孤立している志緒と共に謎を追うが……。
誰もが持つ孤独な心に共鳴する、残酷な青春と救済のミステリ。

製品情報

製品名 そして僕らはいなくなる
著者名 著:にかいどう 青
発売日 2018年03月22日
価格 定価 : 本体750円(税別)
ISBN 978-4-06-294112-9
判型 A6
ページ数 320ページ
電子版製品名 そして僕らはいなくなる
シリーズ 講談社タイガ

著者紹介

著:にかいどう 青(ニカイドウ アオ)

神奈川県出身。早稲田大学第一文学部卒業後、書店員として働きながら小説家デビュー。『七日目は夏への扉』(講談社タイガ)など。講談社青い鳥文庫「ふしぎ古書店」シリーズが人気に。他児童書にホラーアンソロジー『13歳は怖い』参加、『恐怖のむかし遊び』がある。

オンライン書店で見る