臨床真実士ユイカの論理 ABX殺人事件

講談社タイガ
ヴェリティエユイカノロンリエービーエックスサツジンジケン
  • 電子あり
臨床真実士ユイカの論理 ABX殺人事件
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

言葉の真偽と虚実を判別する瞳を持つ臨床真実士、本多唯花の元に届いた挑戦状。差出人ABXの予告通り、赤坂で頭文字Aを持つ少年が殺された。連続殺人勝負に見立て、ABXは唯花を挑発する。一週間後、第二の殺人が起こり頭文字Bの女性が被害者となる。現場に残された、犯人の署名ともいえる遺留品の意味は? ABXの仕掛けに隠された嘘を、唯花の論理が解き明かす。

製品情報

製品名 臨床真実士ユイカの論理 ABX殺人事件
著者名 著:古野まほろ
発売日 2017年01月18日
価格 定価 : 本体750円(税別)
ISBN 978-4-06-294055-9
判型 A6
ページ数 384ページ
電子版製品名 臨床真実士ユイカの論理 ABX殺人事件
シリーズ 講談社タイガ

著者紹介

著:古野まほろ(フルノマホロ)

東京大学法学部卒業。リヨン第三大学法学部第三段階「Droit et Politique de la Securite」専攻修士課程修了。『天帝のはしたなき果実』で第35回メフィスト賞を受賞しデビュー。以降、長編推理小説を次々に発表。近著に『ヒクイドリ 警察庁図書館』『ぐるりよざ殺人事件 セーラー服と黙示録』『新任巡査』などがある。

オンライン書店で見る