純喫茶「一服堂」の四季

講談社文庫
ジュンキッサイップクドウノシキ
  • 電子あり
純喫茶「一服堂」の四季
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「喫茶店を舞台にした作品でデビューした自分などは
居場所を追われてしまうのではないか、と慄きさえした」
--岡崎琢磨(「珈琲店タレーランの事件簿」著者)

衝撃のどんでん返し!
『謎解きはディナーのあとで』
本屋大賞受賞作家渾身の
ユーモア・カフェミステリ!

鎌倉にひっそりと佇む喫茶店「一服堂」の美人店主・ヨリ子は極度の人見知り。
だが未解決事件の話を聞けば、態度は豹変、客へ推理が甘いと毒舌のつるべ打ち。そして並外れた思考力で、密室内の「十字架」磔(はりつけ)死体など四つの殺人の謎に迫る。
愛すべきキャラクター、笑い、衝撃トリック満載の傑作短編集!

目次

  • 第一話 春の十字架
  • 第二話 もっとも猟奇的な夏
  • 第三話 切りとられた死体の秋
  • 最終話 バラバラ死体と密室の冬

製品情報

製品名 純喫茶「一服堂」の四季
著者名 著:東川篤哉
発売日 2017年04月14日
価格 定価 : 本体660円(税別)
ISBN 978-4-06-293630-9
判型 A6
ページ数 352ページ
電子版製品名 純喫茶「一服堂」の四季
シリーズ 講談社文庫
初出 本書は2014年10月に小社より単行本として刊行されました。

著者紹介

著:東川篤哉(ヒガシガワトクヤ)

1968年、広島県尾道市生まれ。岡山大学法学部卒業。
2002年、カッパ・ノベルスの新人発掘プロジェクト「KAPPA-ONE登龍門」で第一弾として選ばれた『密室の鍵貸します』で、本格デビュー。'11年、『謎解きはディナーのあとで』で第8回本屋大賞を受賞、大ベストセラーとなる。
「烏賊川市」、「鯉ヶ窪学園探偵部」、「魔法使いマリィ」、「平塚おんな探偵の事件簿」各シリーズほか著書多数。近著に『かがやき荘アラサー探偵局』、『さらば愛しき魔法使い』など。

オンライン書店で見る