謀略の都(上) 1919年三部作 1

講談社文庫
ボウリャクノミヤコジョウ1919ネンサンブサク1
  • 電子あり
謀略の都(上) 1919年三部作 1
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

1919年春。第一次世界大戦後の講和条約締結のため主要国の代表団がパリで協議を進めるなか、英国のベテラン外交官が謎の死を遂げた。長男や代表団の意向に背き、元空軍パイロットの次男マックスは真相究明に乗り出す。父の密かな計略を知った彼は、国際諜報戦の渦中に身を投じることに。
第一次大戦後の混沌を生きるスパイ小説新シリーズ開始!

製品情報

製品名 謀略の都(上) 1919年三部作 1
著者名 著:ロバート・ゴダード 訳:北田 絵里子
発売日 2017年01月13日
価格 定価 : 本体1,060円(税別)
ISBN 978-4-06-293573-9
判型 A6
ページ数 384ページ
電子版製品名 謀略の都(上) 1919年三部作 1
シリーズ 講談社文庫

著者紹介

著:ロバート・ゴダード(ロバート・ゴダード)

1954年英国ハンプシャー生まれ。ケンブリッジ大学で歴史を学ぶ。公務員生活を経て、’86年のデビュー作『千尋の闇』が絶賛され、ベストセラー作家に。『隠し絵の囚人』(講談社文庫)でMWA賞ペーパーバック部門最優秀賞を受賞 。

訳:北田 絵里子(キタダ エリコ)

1969年生まれ。関西学院大学文学部卒業。英米文学翻訳家。

オンライン書店で見る