幻想温泉郷

講談社文庫
ゲンソウオンセンキョウ
  • 電子あり
幻想温泉郷
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

登天郵便局は、亡くなった人が成仏する前に寄る郵便局。来た人は貯金窓口のオンライン端末で生前の善行を「功徳通帳」に記入し、地獄極楽門をくぐって次の世へと渡っていく――はずが、門の手前で突然消える人が続出。成仏できない人たちは、どうやら生前、罪を洗い流す温泉に入っているらしい。
有名な占い師によると、その温泉郷を探し当てるにはふたご座B型の女性が必要だという。それはまさに、探し物が得意なアズサのことだった。

目次

  • 1 安倍アズサ、登天郵便局に帰る
  • 2 消えた死者を追う
  • 3 第二の異変
  • 4 占い師と女神
  • 5 (まちがった)冒険の仲間たち
  • 6 決行前
  • 7 悪いことはできないもの
  • 8 枯ヱ之温泉へ
  • 9 境界エリア協会集会
  • 10 探す、探す
  • 11 今度こそ、枯ヱ之温泉へ
  • 12 告白
  • 13 罪びとの話
  • 14 事件発生
  • 15 村まつり
  • 16 逆転、反転、そして……
  • 17 恋だったのかも

製品情報

製品名 幻想温泉郷
著者名 著:堀川アサコ
発売日 2016年12月15日
価格 定価 : 本体640円(税別)
ISBN 978-4-06-293544-9
判型 A6
ページ数 368ページ
電子版製品名 幻想温泉郷
シリーズ 講談社文庫

著者紹介

著:堀川アサコ(ホリカワアサコ)

1964年、青森県生まれ。2006年『闇鏡』で第18回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞。主著に「幻想シリーズ」の『幻想郵便局』『幻想映画館』『幻想日記店』『幻想探偵社』、「たましくるシリーズ」の『たましくる―イタコ千歳のあやかし事件帖』『これはこの世のことならず』、ノンシリーズに『大奥の座敷童子』『小さいおじさん』『三人の大叔母と幽霊屋敷』『おちゃっぴい』などがある。

オンライン書店で見る