女神の骨格 警視庁殺人分析班

講談社文庫
メガミノコッカクケイシチョウサツジンブンセキハン
  • 電子あり
女神の骨格 警視庁殺人分析班
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

東京・国分寺の古い洋館で火災が発生。鎮火した現場から発見されたのは、奇妙な隠し部屋と、横たえられた白骨遺体だった。その後の調査で、一体かと思われた人骨が、実は男性の頭部と女性の胴体が組み合わせられたものだということが判明する。一体誰が、なんのために? 刑事・如月塔子と十一係のメンバーが、事件の真相を追う!

製品情報

製品名 女神の骨格 警視庁殺人分析班
著者名 著:麻見和史
発売日 2016年11月15日
価格 定価 : 本体740円(税別)
ISBN 978-4-06-293532-6
判型 A6
ページ数 408ページ
電子版製品名 女神の骨格 警視庁殺人分析班
シリーズ 講談社文庫
初出 この作品は、2014年12月に小社より『女神の骨格 警視庁捜査一課十一係』として刊行された作品を改題したものです。

オンライン書店で見る