僕の光輝く世界

講談社文庫
ボクノヒカリカガヤクセカイ
著:山本弘
僕の光輝く世界
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

【人気ミステリー作家絶賛!】
消失少女、突然変貌する世界、幽霊殺人事件……見えないのに視える!? 
前代未聞、想像力探偵誕生! 視覚を失った男子と仮想美少女が織りなす、青春恋愛「本格」ミステリー。
魅力全開の謎-辻真先(作家)
すべてが最上級-黒田研二(作家)
不思議な読み味-青柳碧人(作家)

気弱なオタク男子、光輝は進学先の高校でもいじめられ、あげくに橋から突き落とされる。搬送先の病院で絶世の美少女と運命の出会いを遂げた、と思いきや、実は既に失明してしまっていた。美少女は果たして妄想なのか実在なのか……視覚を失った少年が、想像力を駆使して奇妙な謎と格闘する不思議ミステリー。

製品情報

製品名 僕の光輝く世界
著者名 著:山本弘
発売日 2017年03月15日
価格 定価 : 本体860円(税別)
ISBN 978-4-06-293493-0
判型 A6
ページ数 512ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 本作品は2014年4月、講談社から単行本として刊行されました。

著者紹介

著:山本弘(ヤマモトヒロシ)

やまもと・ひろし
1956年京都生まれ。SF作家。ゲームデザイナー。1987年、ゲーム創作集団「グループSNE」の一員となり、作家およびゲームデザイナーとしてデビュー。現在はSNEから独立。と学会元会長。
作品に『神は沈黙せず』『アイの物語』『詩羽のいる街』『ラプラスの魔』『パラケルススの魔剣』『サイバーナイト』『ギャラクシー・トリッパー美葉』『妖魔夜行』『サーラの冒険』『時の果てのフェブラリー』「MM9」シリーズ『トワイライト・テールズ』『夏葉と宇宙へ三週間』『名被害者・一条(仮名)の事件簿』「BISビブリオバトル部」シリーズ『怪奇探偵リジー&クリスタル』などがある。
2011年『去年はいい年になるだろう』で星雲賞日本長編部門賞を受賞。本作は第15本格ミステリ大賞選考で選考委員投票第2位。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス
  • ローチケHMV