大江戸妖怪かわら版 (6) 魔狼、月に吠える

講談社文庫
オオエドヨウカイカワラバン6マロウツキニホエル
  • 電子あり
大江戸妖怪かわら版 (6) 魔狼、月に吠える
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

大欧州からの渡来船を一目見に、物見高い江戸っ子はこぞって港に集まった。記者・雀は人ごみの中で可憐な少年に出会う。初花が強面の同心の妹とも知らず――。二人が食に芝居見物と、天下泰平な大江戸を楽しんでいる頃、秘かに犬族の間である奇病が広がっていた。「魔狼(フェンリル)の災厄」と呼ばれる病の正体とは。

目次

  • 友あり、遠方より来たる
  • 船が、来る
  • 灯火親しむ書より酒
  • これはこれはとばかり、花の山
  • 彼は誰そ、誰そ彼そ
  • 魔狼、月に吠える
  • 月に叢雲、花に風

製品情報

製品名 大江戸妖怪かわら版 (6) 魔狼、月に吠える
著者名 著:香月日輪
発売日 2016年08月10日
価格 定価 : 本体480円(税別)
ISBN 978-4-06-293484-8
判型 A6
ページ数 224ページ
電子版製品名 大江戸妖怪かわら版6 魔狼、月に吠える
シリーズ 講談社文庫
初出 本書は2011年11月に理論社より『大江戸妖怪かわら版 魔狼、月に吠える』として刊行されました。

オンライン書店で見る