殺人出産

講談社文庫
サツジンシュッサン
  • 電子あり
殺人出産
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

祝!芥川賞受賞
村田沙耶香 最大の衝撃作はコレだ!
10人産んだら、1人殺せる。「殺意」が命を産み出す衝動となる。

今から100年前、殺人は悪だった。10人産んだら、1人殺せる。命を奪う者が命を造る「殺人出産システム」によって人口を保つ日本。会社員の育子には十代で「産み人」となった姉がいた。蝉の声が響く夏、姉の10人目の出産が迫る。未来に命を繋ぐのは彼女の殺意。昨日の常識は、ある日突然変化する。表題作、他三篇。

製品情報

製品名 殺人出産
著者名 著:村田 沙耶香
発売日 2016年08月10日
価格 定価 : 本体520円(税別)
ISBN 978-4-06-293477-0
判型 A6
ページ数 208ページ
電子版製品名 殺人出産
シリーズ 講談社文庫
初出 本書は2014年7月に小社より単行本として刊行されました。

オンライン書店で見る