エウレカの確率 経済学捜査員 伏見真守

講談社文庫
エウレカノカクリツケイザイガクソウサインフシミマモル
  • 電子あり
エウレカの確率 経済学捜査員 伏見真守
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「犯罪だって一般の消費者選択理論と同じ」。連続殺人事件の特捜本部に乗り込んだ行動経済学者の捜査に、誰もがあっけに取られた。被害者女性たちの自宅から足跡や血痕が発見されたのに解決の糸口すら見つからない難事件を、経済学で独自の容疑者を割り出したというのだ。まったく新しい知的警察小説の快作!

製品情報

製品名 エウレカの確率 経済学捜査員 伏見真守
著者名 著:石川智健
発売日 2016年05月13日
価格 定価 : 本体750円(税別)
ISBN 978-4-06-293437-4
判型 A6
ページ数 416ページ
電子版製品名 エウレカの確率 経済学捜査員 伏見真守
シリーズ 講談社文庫
初出 本書は2014年3月に小社より単行本として刊行されました。

著者紹介

著:石川智健(イシカワトモタケ)

1985年神奈川県生まれ。25歳のときに書いた『グレイメン』で2011年に国際的小説アワード「ゴールデン・エレファント賞」第2回大賞を受賞。12年に同作品が日米韓で刊行となり、作家デビューを果たす。現在は医療系企業に勤めながら、執筆活動に励む。経済学捜査員のシリーズとして『エウレカの確率 経済学捜査員とナッシュ均衡の殺人』、他の著作に『もみけしはスピーディーに』『60 tとfの境界線』(いずれも講談社)などがある。

オンライン書店で見る