探偵の鑑定1

講談社文庫
タンテイノカンテイ1
  • 電子あり
探偵の鑑定1
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

―読書メーター「読みたい本ランキング」、日間、週間、月間すべてで1位獲得!―

二大シリーズ完結・運命の終着点

美女目当てに大金が舞う秘密交際クラブで、超高級バッグのバーキンをオトリにした連続詐欺事件が発生。対探偵課探偵・紗崎玲奈は、証拠品のバーキンを鑑定する万能鑑定士・凜田莉子の危機を救う。バーキン詐欺女の驚くべき正体とその目的とは? 二大ヒロインが並外れた探偵力と鑑定眼を駆使して立ち向かう。

妹を殺され家族がばらばらになった紗崎玲奈は、これまで暴力も厭わない態度で悪徳探偵をはじめとする敵に対してきた。一方、凜田莉子は南の離島で、祖父母と両親に囲まれて人を疑うことなく育ってきた。人をまず疑ってかかり力には力で対抗する玲奈。人の善意を疑わない莉子。紗崎玲奈と凜田莉子という二人のキャラクターが互いの個性を生かし、さらには互いに影響を与えながら、悪の組織に挑む!―西上心太(文芸評論家)

製品情報

製品名 探偵の鑑定1
著者名 著:松岡 圭祐
発売日 2016年03月15日
価格 定価 : 本体620円(税別)
ISBN 978-4-06-293349-0
判型 A6
ページ数 336ページ
電子版製品名 探偵の鑑定I
シリーズ 講談社文庫

著者紹介

著:松岡 圭祐(マツオカ ケイスケ)

まつおか・けいすけ
1968年、愛知県生まれ。デビュー作『催眠』がミリオンセラーになる。代表作の『万能鑑定士Q』シリーズと『千里眼』シリーズ(大藪春彦賞候補作)を合わせると累計1000万部を優に超える人気作家。『万能鑑定士Q』シリーズはブックウォーカー大賞2014文芸賞を受賞した。『探偵の探偵』シリーズは2015年夏に北川景子主演でテレビドラマ化された。現在、講談社文庫で『水鏡推理』シリーズ(『水鏡推理』『水鏡推理2インパクトファクター』)を展開中。著書には他に『ミッキーマウスの憂鬱』などがある。本書は『万能鑑定士Q』と『探偵の探偵』の著者自身によるクロスオーバー作品。

オンライン書店で見る