ノボさん(上) 小説 正岡子規と夏目漱石

講談社文庫
ノボサンジョウショウセツマサオカシキトナツメソウセキ
ノボさん(上) 小説 正岡子規と夏目漱石
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「ノボさん、ノボさん」「なんぞなもし?」
べーすぼーるに熱中し、文芸に命をかけたノボさんは、
人々に愛され、人々を愛してやまない希有な人。

明治維新によって生まれ変わったこの国で、夢の中を全速力で走り続けた子規の、人間的魅力を余すところなく伝える傑作長編!

<内容紹介>
伊予・松山から上京した正岡常規(子規)は旧藩主久松家の給費生として東京大学予備門に進学すると、アメリカから伝わった「べーすぼーる」に熱中する。同時に文芸に専念するべく「七草集」の執筆に取り組んでいる頃、同級生で秀才の誉れ高い夏目金之助と落語で意気投合するが、間もなく血を吐いてしまう。

司馬遼太郎賞受賞作

製品情報

製品名 ノボさん(上) 小説 正岡子規と夏目漱石
著者名 著:伊集院 静
発売日 2016年01月15日
価格 定価 : 本体620円(税別)
ISBN 978-4-06-293313-1
判型 A6
ページ数 288ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 本書は2013年11月、小社より刊行された単行本を上下に分冊したものです。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス
  • ローチケHMV