神様ゲーム

講談社文庫
カミサマゲーム
  • 電子あり
  • イベント
神様ゲーム
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

この事件の恐るべき真相を、あなたは正しく理解できるか!?
――綾辻行人
 
自分を「神様」と名乗り、猫殺し事件の犯人を告げる謎の転校生の正体とは?
『さよなら神様』本格ミステリ大賞受賞! 神様シリーズ第1作待望の文庫化。

神降市に勃発した連続猫殺し事件。芳雄憧れの同級生ミチルの愛猫も殺された。町が騒然とするなか謎の転校生・鈴木太郎が事件の犯人を瞬時に言い当てる。鈴木は自称「神様」で、世の中のことは全てお見通しだというのだ。そして、鈴木の予言通り起こる殺人事件。芳雄は転校生を信じるべきか、疑うべきか?

製品情報

製品名 神様ゲーム
著者名 著:麻耶 雄嵩
発売日 2015年07月15日
価格 定価 : 本体530円(税別)
ISBN 978-4-06-293081-9
判型 A6
ページ数 224ページ
電子版製品名 神様ゲーム
シリーズ 講談社文庫
初出 本書は2005年7月「ミステリーランド」で、2012年5月講談社ノベルスで刊行されました。

著者紹介

著:麻耶 雄嵩(マヤ ユタカ)

(まや・ゆたか)
1969年三重県出身。京都大学在学中に『翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件』でデビュー。主な著書に『夏と冬の奏鳴曲』『木製の王子』『貴族探偵対女探偵』などがある。『隻眼の少女』で第64回日本推理作家協会賞・第11回本格ミステリ大賞をダブル受賞。『メルカトルかく語りき』は、「2012本格ミステリ・ランキング」1位と「ミステリが読みたい!」で2位となり、「このミステリーがすごい!」「週刊文春ミステリーベスト10」にもランクイン。本作の続編にあたる『さよなら神様』も「2015本格ミステリ・ランキング」1位、第15回本格ミステリ大賞を獲得。本格ミステリ界を代表する人気作家。

オンライン書店で見る