立志・苦学・出世 受験生の社会史

講談社学術文庫
リッシクガクシュッセジュケンセイノシャカイシ
著:竹内洋
  • 電子あり
立志・苦学・出世 受験生の社会史
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

明治初期「勉強立身」の言説が高まり、学校の序列化も進むと、青少年の上昇移動への野心は新たな「受験的生活世界」を生み出す。怠惰・快楽を悪徳とし、受験雑誌に煽られて刻苦勉励する受験生の禁欲的生活世界を支えた物語とは何なのか。受験のモダンと、昭和四〇年代以降の受験のポストモダンを解読。

目次

  • はじめに
  • 第一章 受験生の一日──明治四〇年七月九日
  • 第二章 勉強立身から順路の時代
  • 第三章 受験雑誌の誕生
  • 第四章 「受験生」という物語
  • 第五章 苦学と講義録の世界
  • 第六章 受験のポストモダン
  • アフター大衆受験圧力釜社会論 学術文庫版あとがきにかえて

製品情報

製品名 立志・苦学・出世 受験生の社会史
著者名 著:竹内洋
発売日 2015年09月10日
価格 定価 : 本体800円(税別)
ISBN 978-4-06-292318-7
判型 A6
ページ数 216ページ
電子版製品名 立志・苦学・出世 受験生の社会史
シリーズ 講談社学術文庫
初出 本書の原本は、1991年2月に講談社より刊行されました。

オンライン書店で見る