再発見 日本の哲学 和辻哲郎――人格から間柄へ

講談社学術文庫
サイハッケンニホンノテツガクワツジテツロウジンカクカラアイダガラヘ
  • 電子あり
再発見 日本の哲学 和辻哲郎――人格から間柄へ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

和辻哲郎は、明治22年(1889)に兵庫県で生まれ、30歳にして名著の誉れ高い『古寺巡礼』というベストセラーを刊行します。早熟で、高名な学者として大正から昭和30年まで活躍します。
ただし、その終生をかけた仕事とは、倫理学の構築でした。「人」ではなく、「人」と「人」の間、すなわち「人間=じんかん」の学として、倫理学を打ち立てようとしたのです。
『古寺巡礼』が、初期の作品であることからもわかるように、仏教を研究し、『正法眼蔵』を読み解き、そして倫理学へ。
近代日本の代表的な哲学者のひとり、和辻哲郎の思想は、どのように生成されていったのか。
道元、西田幾多郎、ハイデッガー、あるいは仏教、西洋哲学、さらには時代の思潮とさまざまに格闘しながら、近代の代表的哲学者が思想を形成していくさまを、緻密な筆致で描いた力作です。

目次

  • 1- あらかじめ喪われたこどもに
  •   1.死んで生まれる
  •   2.「もの」と「こと」
  • 2- 表現としての人格
  •   1.「人格」の変容
  •   2.『福音書』と『正法眼蔵』
  •   3.経験我と普遍我
  • 3- 人格から間柄へ
  •   1.西田幾多郎
  •   2.ハイデッガー
  •   3.「人格と人類性」
  •   4.主体の再生
  •   5.間柄

製品情報

製品名 再発見 日本の哲学 和辻哲郎――人格から間柄へ
著者名 著:宮川 敬之
発売日 2015年09月10日
価格 定価 : 本体1,020円(税別)
ISBN 978-4-06-292311-8
判型 A6
ページ数 312ページ
電子版製品名 再発見 日本の哲学 和辻哲郎 人格から間柄へ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 本書の原本は、菅野覚明・熊野純彦責任編集「再発見 日本の哲学」の一冊として、2008年、小社より刊行されました。

著者紹介

著:宮川 敬之(ミヤガワ ケイシ)

1971年鳥取県生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程単位取得退学。博士(文学)。大本山永平寺に安居修行。現在、鳥取県天徳寺住職。主な論文に、「和辻哲郎と表現の問題」(RATIO3号)、また近刊予定に『正法眼蔵を読む』がある。

オンライン書店で見る