手仕事の日本

講談社学術文庫
テシゴトノニホン
  • 電子あり
手仕事の日本
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

名もなき工人が作る民衆の日用品の美、「民藝」。大正時代半ばから二十年近い歳月をかけて日本各地で手仕事の「用の美」を調査・収集した柳宗悦は、自然と歴史、そして伝統によって生み出される美を探求し続けた。著者がみずからの目で見、選び取った正しい美しさとはなにか。日本文化が世界的に注目される現代、今なお多くの示唆に富む日本民藝案内。

製品情報

製品名 手仕事の日本
著者名 著:柳 宗悦
発売日 2015年06月11日
価格 定価 : 本体820円(税別)
ISBN 978-4-06-292301-9
判型 A6
ページ数 256ページ
電子版製品名 手仕事の日本
シリーズ 講談社学術文庫
初出 本書の原本は、1948年6月、靖文社より刊行されました。適宜、『柳宗悦全集 第十一巻』(筑摩書房、1981年刊)を参照しました。

著者紹介

著:柳 宗悦(ヤナギ ムネヨシ)

1889~1961。東京帝国大学哲学科卒業。宗教哲学者、民藝運動の創始者。学習院高等科在学中、「白樺」同人となる。日本民藝館初代館長。「工藝」創刊。著書に『民藝四十年』『工藝文化』『美の法門』『茶と美』『工藝の道』『民藝とは何か』『蒐集物語』『南無阿弥陀仏』『美の法門』などがある。

オンライン書店で見る