生物学の歴史

講談社学術文庫
セイブツガクノレキシ
生物学の歴史
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

『われはロボット』『黒後家蜘蛛の会』などのSF作品やミステリーで世界中に読者をもつアイザック・アシモフは、作家であると同時に、ボストン大学医学部の教授を務め、生化学の研究者として多くの一般向け科学啓蒙書も著している。
本書は、アメリカの自然史博物館が出版したAmerican Museum Science Books という叢書の1冊として刊行された。
生物学は、生命についての関心から始まり、古代より長い歴史を持つが、博物学や医術、遺伝学や化学のあいだで揺れ動き、自然科学の一分野として体系がまとまり大きな進歩をとげたのは、20世紀に入ってからだった。特に20世紀後半の分子レベルで生命現象を捉える研究は日進月歩である。
こうした、長く、広範、複雑な生物学の歩みを、一人の著者が簡潔にまとめあげるのは至難の業だが、アシモフの博学と文才はそれをなんなくこなしている。
生命と非生命の境目はなにか。人類は生命の謎にいかに取り組んできたか。いま最も熱い学問分野の基礎知識を整理した、恰好の生物学入門書。

〔原本:『生物学小史』(「アシモフ選集」生物編1)、1969年、共立出版刊。 原著:A Short History of Biology, 1964〕

目次

  • 訳者まえがき
  • 第一章 古代の生物学
  • 科学のはじまり/イオニア/アテネ/アレキサンドリア/ローマ
  • 第二章 中世の生物学
  • 暗黒時代/ルネッサンス/過渡期
  • 第三章 現代生物学の誕生
  • 新しい解剖学/血液の循環/生化学のはじまり/顕微鏡
  • 第四章 生物の分類
  • 自然発生/種を配列すること/進化への接近/地質学的背景
  • 第五章 化合物と細胞
  • 気体と生物/有機化合物/組織と胚
  • 第六章 進 化
  • 自然選択/進化をめぐる争い/人間の進化/進化の支流
  • 第七章 遺伝学のはじまり
  • ダーウィン説の欠陥/メンデルのエンドウ/突然変異/染色体
  • 第八章 生気論の衰微
  • 窒素と食物/熱量測定/発酵/酵素
  • 第九章 病気との闘い
  • 種痘/病気の胚種説/細菌学/コン虫類/食物因子/ビタミン
  • 第一〇章 神経系
  • 催眠術/神経と脳/行動/神経電位
  • 第一一章 血 液
  • ホルモン/血清学/血液型/ウイルス病/アレルギー
  • 第一二章 物質交代
  • 化学療法/抗生物質と殺虫剤/物質交代の中間物質/放射性同位元素
  • 第一三章 分子生物学――タンパク質
  • 酵素と助酵素/電気泳動とX線回折/クロマトグラフィー/アミノ酸配列
  • 第一四章 分子生物学――核酸
  • ウイルスと遺伝子/DNAの重要性/核酸の構造/遺伝暗号/生命の起源

製品情報

製品名 生物学の歴史
著者名 著:アイザック・アシモフ 訳:太田 次郎
発売日 2014年07月11日
価格 定価 : 本体980円(税別)
ISBN 978-4-06-292248-7
判型 A6
ページ数 288ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 1969年に共立出版より刊行された「生物学小史」(「アシモフ選集」生物編1)を文庫化にあたり改題したもの。

著者紹介

著:アイザック・アシモフ(アイザック・アシモフ)

Isaac Asimov (1920―1992 )。アメリカの作家、生化学者。著書に『われはロボット』『ファウンデーション』『黒後家蜘蛛の会』等のSF,ミステリーのほか、『化学の歴史』『宇宙の測り方』等の科学啓蒙書やエッセイが多数ある。

訳:太田 次郎(オオタ ジロウ)

1925年生まれ。東京大学理学部卒。専攻は生物学・植物学。お茶の水女子大学教授、学長等を経て、同大名誉教授。著書に『バランス感覚』『細胞からみた生物学』ほか多数。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス
  • ローチケHMV