醒睡笑 全訳注

講談社学術文庫
セイスイショウゼンヤクチュウ
著:安楽庵策伝 訳注:宮尾與男
  • 電子あり
醒睡笑 全訳注
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

江戸期を代表する笑話集、これまで未刊だった版本の全訳注が登場。落語の原点がここにある。

誓願寺法主の安楽庵策伝が江戸初期に編纂し、板倉重宗京都所司代に献呈した笑話集。うつけ・文字知顔・堕落僧・上戸・うそつきなど、多様な庶民の登場人物がつくる、豊かな笑いの世界。のちの落語、近世笑話集や小咄集に大きな影響を与えた。慶安元年版・全8巻42章311話の翻刻文に、現代語訳、語注、鑑賞、解説を付した、はじめての書。

目次

  • まえがき
  • 凡 例
  • 醒睡笑之序
  • 醒睡笑巻之一
  • 名津希親方 貴人之行跡 うつけ 吝太郎 賢達亭
  • 醒睡笑巻之二
  • 謂被謂物之由来 落書 ふはとのる 鈍副子 無智之僧 祝過るもいな物
  • 醒睡笑巻之三
  • 文字知顔 不文字 文之品々(しな〔じな〕) 自堕落 清僧
  • 醒睡笑巻之四
  • 聞多批判 以屋那批判 曾而那以合點 唯有
  • 醒睡笑巻之五
  • きやしや心 上戸 人はそだち
  • 醒睡笑巻之六
  • 児の噂 若道不知 恋之道 悋気 詮なひ秘密 推はちがふた うそつき
  • 醒睡笑巻之七
  • 思の色を外にいふ いひ損盤なをらぬ 似合たのぞみ 癈忘 謡 舞
  • 醒睡

製品情報

製品名 醒睡笑 全訳注
著者名 著:安楽庵策伝 訳注:宮尾與男
発売日 2014年02月10日
価格 定価 : 本体1,880円(税別)
ISBN 978-4-06-292217-3
判型 A6
ページ数 736ページ
電子版製品名 醒睡笑 全訳注
シリーズ 講談社学術文庫
初出 底本は、夕霧軒文庫所蔵(宮尾しげを旧蔵)の慶安元年版本を用いた。

著者紹介

著:安楽庵策伝(アンラクアンサクデン)

天文23年(1554)、美濃国生まれ。京都誓願寺55世住職。寛永19年(1642)、入寂。

訳注:宮尾與男(ミヤオヨシオ)

1948 年東京生まれ。日本大学大学院文学研究科博士課程単位取得満期退学。日本近世文学会委員を経て夕霧軒文庫代表、近世文学研究者。著書に『元禄舌耕文芸の研究』『上方舌耕文芸史の研究』『上方咄の会本集成』ほか。

オンライン書店で見る