往生要集を読む

講談社学術文庫
オウジョウヨウシュウヲヨム
往生要集を読む
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「地獄」と「極楽」を対立するものとする概念は、インド思想や一般仏教にはなく、日本独自のものである。日本人の宗教観の基層ともいえるのその考え方が日本に定着するのには、平安時代中期の僧・源信が著した『往生要集』の影響をぬきに語ることはできない。。
膨大な仏教経典や経文、論書を博捜して極楽往生に関する重要な文章を集成し念仏を勧める『往生要集』が示す浄土思想は、源流のインドの浄土教からどのように発展し、また歪曲されていったのか。
斯界の碩学が、インド仏教の原典と『往生要集』に綴られた源信の思想を徹底的に比較検討、独自の視点から日本浄土教の根源と特質に迫った、日本仏教を考えるうえで必読の一冊。

目次

  • 第一章 厭離穢土
  • 第二章 欣求浄土
  • 第三章 極楽の証拠
  • 第四章 正修念仏
  • 第五章 助念の方法
  • 第六章 別時念仏
  • 第七章 念仏の利益
  • 第八章 念仏の証拠
  • 第九章 往生の諸行
  • 第十章 問答料簡
  • 結語 『往生要集』に対する評価

製品情報

製品名 往生要集を読む
著者名 著:中村 元
発売日 2013年10月10日
価格 定価 : 本体960円(税別)
ISBN 978-4-06-292197-8
判型 A6
ページ数 288ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 1983年5月、岩波書店より「古典を読む」シリーズ第五巻「往生要集」として刊行され、1996年9月には「同時代ライブラリー」として同社より再度刊行された。

著者紹介

著:中村 元(ナカムラ ハジメ)

1912年、島根県松江市生まれ。東京帝国大学印度哲学梵文学科卒業。東京大学教授を経て東京大学名誉教授。東方学院長。専攻はインド哲学・仏教学。文化勲章受章。著書に『龍樹』『古代インド』『慈悲』『仏典のことば』『原始仏典』『釈尊の生涯』、訳書に『ブッダのことば スッタニパータ』『ブッダの真理のことば 感興のことば』『ブッダ最後の旅 大パリニッバーナ経』ほか多数の著作、また「中村元著作集」のほか、辞典類では『新仏教辞典』『岩波仏教辞典』などの編者、監修者を務める。

関連シリーズ

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス
  • ローチケHMV