「よく見える目」をあきらめない 遠視・近視・白内障の最新医療

講談社+α新書
ヨクミエルメヲアキラメナイエンシキンシハクナイショウノサイシンイリョウ
  • 電子あり
「よく見える目」をあきらめない 遠視・近視・白内障の最新医療
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

いま、眼科の世界で「革命」が起きています。
45歳を過ぎたら、眼の筋力が衰え、水晶体が硬く、白くなるために、老眼が進行することは誰でも避けられないのが現実でした。
しかし、濁った水晶体の代わりに開発された「眼内レンズ」の劇的な進歩によって、50代、60代、70代でもメガネいらずで過ごせるようになった、という方が増えています。
そのほか、年齢とともに進行する眼病を解説。眼の機能を維持するための食生活、必要な栄養素、目薬の選び方も詳しく説明します。
信頼できる病院で、最新の術式の治療を受けた方が、眼の悩みから解放された実例も紹介。人間の持つ「感覚器」のうち、もっとも大きな情報をもたらす眼を健康に維持することは、そのまま日々の生活の満足感に直結します。

目次

  • 第1章 45歳を過ぎたら誰でも老眼!
  • 老眼にまつわる迷信と過信/スマホで急増した若年老眼/老眼治療が眼科医の大テーマに
  • 第2章 最新治療の世界
  • 老顔は治療できる時代に/老眼治療の3つの方法/どのような治療をするのか/老眼から解放された人の体験談
  • 第3章 どうやって眼を長生きさせるか
  • 視力検査では測れない視力/水晶体にはビタミンを与えろ/眼を酸化させない食事
  • 第4章 加齢と眼病
  • 60歳過ぎたら6割が白内障/糖尿病が引き起こす眼病/失明を避ける
  • 第5章 賢い患者になるために
  • レーシックで失明した人はいない/いい病院、危ない病院/治したい気持ちが強い人が治る

製品情報

製品名 「よく見える目」をあきらめない 遠視・近視・白内障の最新医療
著者名 著:荒井 宏幸
発売日 2017年12月22日
価格 定価 : 本体860円(税別)
ISBN 978-4-06-291517-5
判型 新書
ページ数 224ページ
電子版製品名 「よく見える目」をあきらめない 遠視・近視・白内障の最新医療
シリーズ 講談社+α新書

著者紹介

著:荒井 宏幸(アライ ヒロユキ)

眼科専門医。
1990年に防衛医科大学校を卒業し、同大学附属病院の眼科航空自衛隊医官に。
1993年、自衛隊中央病院眼科および国家公務員共済組合三宿病院眼科勤務。
1996年、岡田眼科眼科部長。
1998年、クイーンズアイクリニック院長。同年みなとみらいアイクリニック主任執刀医に。
2010年から医療法人社団ライト代表。
防衛医科大学校非常勤講師。医学博士。

オンライン書店で見る