内省と遡行

講談社文芸文庫
ナイセイトソコウ
  • 電子あり
内省と遡行
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

1969年、漱石論で文芸評論家として出発した著者が、『日本近代文学の起源』を経て85年の『探究』連載を前に格闘した、哲学的評論「内省と遡行」と「言語・数・貨幣」。否定に否定を重ねながら、〈内部〉に留まることを徹底して〈内部〉を自壊に導き、〈外部〉へ出ることをめざした本書は思想家誕生の軌跡であり、「驚くべき戦争の記録」(浅田彰)でもある。極限まで思考する凄味に満ちた名著。

目次

  • 内省と遡行
  • 言語・数・貨幣
  • 付論 転回のための八章
  • あとがき
  • 学術文庫版解説 浅田彰
  • 文芸文庫版あとがき

製品情報

製品名 内省と遡行
著者名 著:柄谷 行人
発売日 2018年04月12日
価格 定価 : 本体1,700円(税別)
ISBN 978-4-06-290374-5
判型 A6
ページ数 336ページ
電子版製品名 内省と遡行
シリーズ 講談社文芸文庫
初出 底本『内省と遡行』(講談社学術文庫、1988年4月刊)

著者紹介

著:柄谷 行人(カラタニ コウジン)

柄谷行人(からたに・こうじん)哲学者、批評家。1941年兵庫県生まれ。1969年、「〈意識〉と〈自然〉――漱石試論」で群像新人文学賞評論部門受賞。著書に、『マルクスその可能性の中心』『日本近代文学の起源』『批評とポストモダン』『探究』『トランスクリティーク』『世界史の構造』『哲学の起源』他がある。

オンライン書店で見る