建築文学傑作選

講談社文芸文庫
ケンチクブンガクケッサクセン
選:青木淳
  • イベント
建築文学傑作選
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

建築学科の必読書は谷崎「陰翳礼讃」であるという。
文学と建築。まったく異なるジャンルでありながら、
そのたたずまいやなりたちに文学を思わせる建築、
そして構造、手法に建築を思わせる文学がある。
構成、位相、運動、幾何学、連続/不連続――
日本を代表する建築家が選び抜いた、
既存の読みを覆す傑作“建築文学”十篇。

収録作品
須賀敦子「ヴェネチアの悲しみ」
開高健「流亡記」
筒井康隆「中隊長」
川崎長太郎「蝋燭」
青木淳悟「ふるさと以外のことは知らない」
澁澤龍彦「鳥と少女」
芥川龍之介「蜃気楼」
幸田文「台所のおと」
平出隆「日は階段なり」
立原道造「長崎紀行」

製品情報

製品名 建築文学傑作選
著者名 選:青木淳
発売日 2017年03月13日
価格 定価 : 本体1,850円(税別)
ISBN 978-4-06-290340-0
判型 A6
ページ数 416ページ
シリーズ 講談社文芸文庫
初出 底本|「ヴェネチアの悲しみ」…河出文庫『須賀敦子全集 第3巻』2007年、「流亡記」…新潮社『開高健全集 第3巻』1992年、「中隊長」…新潮文庫『エロチック街道』1984年、「蝋燭」…講談社文芸文庫『鳳仙花』1998年、「ふるさと以外のことは知らない」…ちくま文庫『いい子は家で』2013年、「鳥と少女」…河出書房新社『澁澤龍彦全集 18』1994年、「蜃気楼」…岩波書店『芥川龍之介全集 第十四巻』1996年、「台所のおと」…講談社文庫『台所のおと』1995年、「日は階段なり」…岩波書店『遊歩のグラフィスム』2007年、「長崎紀行」…筑摩書房『立原道造全集 3』2007年。

著者紹介

選:青木淳(アオキジュン)

選者・青木 淳 (1956.10.22~) 建築家。82年、東京大学工学部建築学科修士課程修了。磯崎新アトリエに勤務後、91年に青木淳建築計画事務所設立。個人住宅を始め、青森県立美術館に代表される公共建築、いくつものルイ・ヴィトンの商業施設など作品は多岐に渡り、世界的な評価を得ている。99年に日本建築学会作品賞、2004年に芸術選奨文部科学大臣新人賞を受賞。2015年には読売新聞書評委員を務めた。主な著書に『JUN AOKI COMPLETE WORKS 1 :1991 - 2004』、『同第2巻 :青森県立美術館』、『同第3巻 :2005 - 2014』、『原っぱと遊園地』、『原っぱと遊園地 2』、『青木淳 ノートブック』などがある。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス
  • ローチケHMV