諷詠十二月

講談社文芸文庫
フウエイジュウニカゲツ
  • 電子あり
諷詠十二月
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「この書は詩歌の理解に熱心な、あるいは熱心ならんと欲せらるる、比較的年少の初学の読者を聴者として、著者の素懐を仮りに題を設けて説かんと企てたもの……」。昭和17年9月、太平洋戦争のさなかに書下された本書は、万葉から西行、子規、晶子の短歌、菅原道真、新井白石、頼山陽の漢詩、芭蕉、蕪村、虚子の句、朔太郎、犀星の詩等々、秀作を鑑賞し、美と真髄を明かす、詩歌入門の不朽の名著。

目次

  • 小 序
  • 一 月
  • 二 月
  • 三 月
  • 四 月
  • 五 月
  • 六 月
  • 七 月
  • 八 月
  • 九 月
  • 十 月
  • 十一月
  • 十二月
  • あとがき
  • 補 遺
  • 七 月
  • 八 月
  • 年譜  安藤靖彦
  • 著書目録  安藤靖彦

製品情報

製品名 諷詠十二月
著者名 著:三好達治
発売日 2016年12月09日
価格 定価 : 本体1,500円(税別)
ISBN 978-4-06-290333-2
判型 A6
ページ数 304ページ
電子版製品名 諷詠十二月
シリーズ 講談社文芸文庫
初出 本書は『諷詠十二月』(1983年5月、講談社学術文庫刊)を底本としました。

オンライン書店で見る