思い出す事など 私の個人主義 硝子戸の中

講談社文芸文庫
オモイダスコトナドワタシノコジンシュギガラスドノウチ
  • 電子あり
思い出す事など 私の個人主義 硝子戸の中
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

三十七歳から初小説『吾輩は猫である』を執筆、以降、満四十九歳で逝去するまでのわずか十余年間に、日本近代文学の礎となる数多の傑作を著した漱石夏目金之助。「修善寺の大患」で垣間見た「死」の後に綴った二随筆は、小説やいわゆる身辺雑記とは別種の妙味を持ち、漱石文学のひとつの極点として異彩を放ち続けている。同時期の著名な演説一篇を併録した、散文芸術の真髄。

目次

  • 思い出す事など
  • 私の個人主義
  • 硝子戸の中

製品情報

製品名 思い出す事など 私の個人主義 硝子戸の中
著者名 著:夏目漱石
発売日 2016年07月08日
価格 定価 : 本体1,400円(税別)
ISBN 978-4-06-290315-8
判型 A6
ページ数 304ページ
電子版製品名 思い出す事など 私の個人主義 硝子戸の中
シリーズ 講談社文芸文庫
初出 本書は『思い出す事など』(岩波文庫、1986年2月改刊)、『私の個人主義』(講談社学術文庫、1978年8月刊)、『硝子戸の中』(岩波文庫、1990年4月改刊)を底本とし、適宜『硝子戸の中』(講談社文庫、1977年6月刊)、『硝子戸の中』(新潮文庫、2011年8月改刊)、及び各種岩波書店版『漱石全集』を参照しました。また「夏目漱石年譜」は『漱石人生論集』(講談社文芸文庫、2001年4月刊)によりました。

オンライン書店で見る