明治深刻悲惨小説集

講談社文芸文庫
メイジシンコクヒサンショウセツシュウ
  • 電子あり
明治深刻悲惨小説集
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

死、貧窮、病苦、差別――
明治期、日清戦争後の社会不安を背景に、人生の暗黒面を見据え描き出した「悲惨小説」「深刻小説」と称された一連の作品群があった。
虐げられた者、弱き者への共感と社会批判に満ちたそれらの小説は、当時二十代だった文学者たちの若き志の発露であった。
「自然主義への過渡期文学」という既成概念では計れない、熱気あふれる作品群を集成。

製品情報

製品名 明治深刻悲惨小説集
著者名 編:講談社文芸文庫 選:齋藤 秀昭 著:泉 鏡花 著:樋口 一葉 著:田山 花袋 著:徳田 秋声 著:川上 眉山 著:広津 柳浪 著:小栗 風葉 著:前田 曙山 著:北田 薄氷 著:江見 水蔭
発売日 2016年06月10日
価格 定価 : 本体1,800円(税別)
ISBN 978-4-06-290313-4
判型 A6
ページ数 392ページ
電子版製品名 明治深刻悲惨小説集
シリーズ 講談社文芸文庫
初出 各話の底本は以下の通り。川上眉山「大さかずき」…『日本現代文学全集11 山田美妙・広津柳浪・川上眉山・小栗風葉集』1968年8月 講談社、泉鏡花「夜行巡査」…『新編 泉鏡花集』第三巻 2003年12月 岩波書店、前田曙山「蝗うり」…『新 日本古典文学大系 明治編21 硯友社文学集』2005年1月 岩波書店、田山花袋「断流」…(※全集未収録のため初出誌)「文芸倶楽部」1896(明治29)年2月、北田薄氷「乳母」…『新 日本古典文学大系 明治編23 女性作家集』2002年3月 岩波書店、広津柳浪「亀さん」…『定本 広津柳浪作品集』上巻 1982年12月 冬夏書房、徳田秋声「藪こうじ」…『徳田秋聲全集』第1巻 1997年11月 八木書店、小栗風葉「寝白粉」…『明治文学全集65 小杉天外・小栗風葉・後藤宙外集』1968年10月 筑摩書房、江見水蔭「女房殺し」…『新 日本古典文学大系 明治編21 硯友社文学集』2005年1月 岩波書店、樋口一葉「にごりえ」…『日本近代文学大系』第8巻 1970年9月 角川書店。

オンライン書店で見る