酔いざめ日記

講談社文芸文庫
ヨイザメニッキ
  • 電子あり
酔いざめ日記
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

昭和七年(二七歳)から、亡くなる直前の昭和四三年(六四歳)までの木山捷平の日記、初文庫化。
詩から始まり、昭和八年に太宰治たちと同人誌「海豹」創刊後、小説を発表し、様々な作家と交遊を深めた木山。
生活は困窮をきわめ、体調をくずしながらも書き続けた日々。
作家の心情、家庭生活、そして何よりも、自らの死までも、じっと作家の眼で冷静に描ききった生涯の記。

製品情報

製品名 酔いざめ日記
著者名 著:木山 捷平
発売日 2016年01月08日
価格 定価 : 本体2,500円(税別)
ISBN 978-4-06-290300-4
判型 A6
ページ数 752ページ
電子版製品名 酔いざめ日記
シリーズ 講談社文芸文庫
初出 「浪曼」1972年11月創刊号~1974年9月号まで連載した日記(1932年より35年)に、その後終焉までを追加したものです。 本書は、1975年8月刊『酔いざめ日記』(講談社)が底本となっています。

著者紹介

著:木山 捷平(キヤマ ショウヘイ)

木山捷平(1904.3.26~1968.8.23) 小説家。岡山県生まれ。1929年、詩集『野』を自費出版。33年、太宰治等と「海豹」創刊。34年、「青い花」同人。39年、最初の作品集『抑制の日』を刊行。44年、満州国農地開発公社嘱託として長春に赴き、45年8月、現地で応召。敗戦後長春で難民となる。この間の経緯は『耳学問』『大陸の細道』(芸術選奨)『長春五馬路』等に書かれる。96年、木山捷平文学賞創設。著書は他に『苦いお茶』『茶の木』『去年今年』『木山捷平全集』全8巻(講談社)など。

オンライン書店で見る