ひかげの宿/山桜 川崎長太郎「抹香町」小説集

講談社文芸文庫
ヒカゲノヤドヤマザクラカワサキチョウタロウマッコウチョウショウセツシュウ
ひかげの宿/山桜 川崎長太郎「抹香町」小説集
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

『抹香町』によって、時代の寵児となった川崎長太郎。
しかし短篇群〈抹香町もの〉の全体像は、纏められたことがない。
初期作「夜の家にて」から、売春防止法施行、「抹香町」の消滅、その後日譚まで、
十四篇を精選した本書は、『新編 抹香町』ともいいうる。
扇情的な私娼小説を超え、孤独な男女の魂の道行、
虚飾を剥ぎ取り、危険水域に生きる者たちの生の原形質へと迫る。
長太郎文学の核心を余すところなく示した、歿後三十年記念出版。

製品情報

製品名 ひかげの宿/山桜 川崎長太郎「抹香町」小説集
著者名 著:川崎 長太郎
発売日 2015年10月09日
価格 定価 : 本体1,700円(税別)
ISBN 978-4-06-290287-8
判型 A6
ページ数 384ページ
シリーズ 講談社文芸文庫
初出 本書収録の14作品のうち、5篇は単行本未収録のため初出誌を底本とし、残り9篇は以下の刊本を底本としました。 「夜の家にて」…『戦後短篇小説再発見12』2003年6月/講談社文芸文庫、「無縁」「金魚草」「淡雪」「褪色記」「野良犬」…『抹香町』1955年7月/講談社ミリオン・ブックス、「山桜」…『昭和文学全集14』1988年11月/小学館、「再会」…『日本短篇文学全集28』1970年6月/筑摩書房、「娼婦」…『流浪』1959年2月/文芸評論新社(単行本初出)。

著者紹介

著:川崎 長太郎(カワサキ チョウタロウ)

川崎長太郎(1901.11.26~1985.11.6) 小説家。神奈川県生まれ。小田原中学を中退して、家業の魚商につく傍ら、同郷の民衆詩人福田正夫に師事、左翼的作品を発表。1920年頃より上京、帰郷を繰り返す。繰り返す。23年、萩原恭次郎、、岡本潤らと「赤と黒」創刊。震災後アナーキズム運動から離れ、25年、徳田秋声の推挽で「無題」を発表、文壇デビュー作となる。私小説家を目指すが、不遇な時代が続く。38年、永住の覚悟で帰郷、実家の物置小屋に棲み、創作に専念。54年、娼婦たちとの関わりを描いた『抹香町』で長太郎ブームが起きる。62年、結婚。私小説一筋の生涯を貫いた。著書に『裸木』『浮草』『女のいる自画像』『女のいる暦』『忍び草』『幾歳月』『淡雪』『夕映え』『老残/死に近く 川崎長太郎老境小説集』『泡/裸木 川崎長太郎花街小説集』など多数。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス
  • ローチケHMV