谷崎潤一郎論

講談社文芸文庫
タニザキジュンイチロウロン
  • 電子あり
谷崎潤一郎論
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

『細雪』の刊行、文化勲章受章とまさに谷崎評価の絶頂期、それまで雑誌や新聞の注文に応じて執筆していた著者が、初めて「僕の方から頼んで書かせてもらった」挑戦的評論。武田泰淳は「乱れが無さすぎるほどよく整理された論文」として、その手さばきを有能な外科医の手術に喩え、「病根を知る者の緊張が、彼を徹底的にする」と絶賛した。読み物としても面白い独創的年譜に、補遺を加えた決定版。

製品情報

製品名 谷崎潤一郎論
著者名 著:中村 光夫
発売日 2015年08月11日
価格 定価 : 本体1,600円(税別)
ISBN 978-4-06-290280-9
判型 A6
ページ数 320ページ
電子版製品名 谷崎潤一郎論
シリーズ 講談社文芸文庫
初出 本書は新潮文庫版『谷崎潤一郎論』(1956年4月)を底本としました(「谷崎潤一郎年譜」は、1956年以降に関しては同様な形式によって解説者が補ったものです)。

オンライン書店で見る