恋人たち/降誕祭の夜 金井美恵子自選短篇集

講談社文芸文庫
コイビトタチコウタンサイノヨルカナイミエコジセンタンペンシュウ
  • 電子あり
恋人たち/降誕祭の夜 金井美恵子自選短篇集
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

言葉の町を歩き、言葉のシーツにくるまれ、言葉の包帯を巻いて、あるいは言葉の肉料理を食べ、そして言葉の性交を行う――
言葉だけで出来た建物の中で、肉体、時間、空間、世界、あらゆるものを生成する無数の言葉と戯れる陶酔。
衝突を繰りかえす豊穣なイメージを道しるべに、著者自らが選んだ短篇集、第二弾。

製品情報

製品名 恋人たち/降誕祭の夜 金井美恵子自選短篇集
著者名 著:金井 美恵子
発売日 2015年06月10日
価格 定価 : 本体1,600円(税別)
ISBN 978-4-06-290275-5
判型 A6
ページ数 296ページ
電子版製品名 恋人たち/降誕祭の夜 金井美恵子自選短篇集
シリーズ 講談社文芸文庫
初出 本書は、『金井美恵子全短篇』1、2、3(1992年3月、4月 日本文芸社刊)を底本として使用しました。

著者紹介

著:金井 美恵子(カナイ ミエコ)

金井美恵子(1947.11.3~) 小説家、評論家、エッセイスト。1967年「愛の生活」が第三回太宰治賞次席となり小説家デビュー。同年、第8回現代詩手帖賞受賞。小説に「プラトン的恋愛」(第7回泉鏡花文学賞)、『文章教室』、『タマや』(第27回女流文学賞)、『小春日和』、『道化師の恋』、『恋愛太平記』、『噂の娘』、エッセイに『目白雑録』『昔のミセス』など。

オンライン書店で見る